アルバム卒園アルバムを作成する上で事前に注意しておきたい点として、全ての参加する人々に配慮する構成にするという点が挙げられます。作成をもし自分たちで行う場合、ある程度中心となる人々が作成に携わることになるでしょう。どうしても全ての卒業生の親が平等に参加するということは難しいからです。その場合作成に対する意欲やセンスといったものに個人的な差が出てきてしまうのは致し方ありません。もしも自分の意見を強く通そうとして批判的になってしまったり、実務上バラバラになってしまったりすると統一感のある卒園アルバムができる可能性は低くなってしまうでしょう。

また卒業までに卒園アルバムを完成させるためには前もってどの時期に印刷を依頼するのかといった点もしっかりとスケジュールしておく必要があります。かなり前もって打ち合わせをしておかないと後手後手になってしまい、最悪の場合卒園に間に合わないということもありえます。全ての事を多少前倒し気味に早めに行うことによって、トラブルが起きた際にも落ち着いて対処することができるでしょう。このような様々な面に配慮しながら卒園アルバムを作成するなら、それだけ出来上がりにも満足のいく良いものができることでしょう。


費用では卒園アルバムはいったいどれぐらいの価格で作成することができるのでしょうか。卒園アルバムには大まかに撮影にかかる費用と印刷屋製品に係る費用の二つの要素が存在します。そのためこの二つの要素をどのように賄うかによって全体のかかる費用も大きく変わってくるでしょう。もしも撮影をプロに任せるのであればそれだけお金がかかりますし、どれぐらいの枚数を準備するかによっても相場は変わってきます。また印刷をする場合でもどれぐらいの単位で発注するのかといった点が一冊あたりの価格に変化を与えます。具体的な相場としては60名ほどの卒業生の場合一人当たり2万円程度かかることが多いようです。

ただし卒園アルバムは全て手作りで行うことも可能です。とりわけ卒業生が少ない場合にはみんなで手分けして役割を分担して作りでアルバムを作ることも十分に可能でしょう。その場合には基本となるアルバムの台紙と様々な飾り付けを100均ショップで揃えることもできるかもしれません。もちろんこのような卒園アルバムに関係する様々な費用や、その作り方は一人で決めるわけではありませんので十分に意見を交換しつつトラブルのない卒園アルバム作りを行いましょう。


卒園アルバムは一生の思い出に残る大切なものです。しかし実際に作る段階になると何から始めていいのかわからないこともあるかもしれません。そこで卒園アルバムに関係する様々な要素をご紹介します。どのような点に配慮した方が良いのか、そしてどのような卒園アルバムの形式があるのかといった点を事前にある程度イメージすることができれば、実際の作業もスムーズに行うことができるでしょう。

卒園卒園アルバムを作成するには専用の業者に依頼することも可能です。その場合には卒園アルバムに使用する写真を選ぶ必要がありますが、出来る限り全ての子供達が写っている写真を選ぶことが不可欠です。そうすることによって卒園アルバムの中に多く写っていること少なく写っている子が存在するアンバランスな状態を避けることができます。このような配慮をしておかないと後々トラブルの原因となってしまいかねませんので中心となって卒園アルバムを制作する場合には十分に配慮しておきましょう。

また手作りで卒園アルバムを作る場合にもこの点は注意しておく必要があります。卒園アルバムによっては初めから空白のページを作っておき、それぞれの生徒に応じた専用のページを各自が作成することができるようにしておくパターンもあります。全体として共通で使う写真は集合写真を中心として、後は各自が卒園アルバムに残しておきたい写真をピックアップするという方法も少し手間はかかるかもしれませんが納得のいくアルバム作りには良い方法と言えるでしょう。

≪関連HP≫卒園アルバム作成